外付けhddの認識不良はセルフチェックから|hddマスター

パソコン

修復料金の相場

スーツ

外付けhddが全く認識されない時は外付けhddの物理的な故障か、ハードウェアトラブルが考えられます。前者では素人がどうこう出来るものではなく、業者レベルで修理をする必要があります。後者の場合は場合によっては自力で修復が出来る場合がありますが、ある程度知識がなければ逆にトラブルを生みます。数回行っても一切認識される様子がない時は専門業者に修復の依頼することも大切になってきます。hddの修復を受けている専門業者は全国各地にあり、最近ではインターネットのWEBサイトを活用して修復の依頼をするのが一般的です。修復可能な範囲は多岐にわたり、認識出来ないを始め水没や炎上、物理的破壊による故障などにも対応することができます。専門業者ではそれぞれで修理費用を定めています。基本的には成功報酬型を採用しており、修復に成功すれば料金を支払い、修復できなければ支払う必要はありません。金額は外付けhddの容量で一律で決める方法と、故障の種類と度合いで決める方法に分けられ、それぞれで特徴があります。

容量で料金を定める方法では容量が多くなればなるほど料金が高くなります。相場では20GB以下の外付けhddの場合は約5千円から依頼可能で、100GB以上になると約3万円、500GB以上になると約8万円、1TB以上になると約15万円以上か別途見積もりという形を取られます。故障の種類で定める方法では論理障害(ハードウェアトラブル)と物理障害(物理的故障)で大別され、それぞれで故障の度合いによって価格が変わってきます。例えば軽度の論理障害であれば容量に関わらず2万円前後で修復出来る業者もあり、重度の物理障害であれば17万円以上かかる場合もあります。物理的に故障して認識ができない場合は物理障害の料金で考える必要があり、ソフトウェアトラブルで接続できない場合は論理障害の料金で考えます。また取り敢えず業者に依頼して、どういった状態で呼称しているのか査定する事も可能です。この場合は査定の結果を伝えられ修理する時の料金が別途伝えられます。料金に納得すれば修復依頼をすることになり、スムーズに修復が期待できるでしょう。