外付けhddの認識不良はセルフチェックから|hddマスター

パソコン

専門業者に依頼してみる

オフィス

hddを内蔵したデバイスでは様々な読み書きトラブルが発生します。特に外付けhddのように抜き差しが多く、また持ち運びをするタイプであれば故障やトラブルが起きる確率はどうしても多くなって今います。トラブルの中でもよくあるのが外付けhddが認識しないという状況です。認識しない原因は様々で、軽度のトラブルで一時的に認識できない場合もあれば、ほぼ修復できないレベルで認識が出来ない事もあります。こういう状況は何時発生するかわからないというのが現状で、専用ツールなどを用いて常に状態をチェックし、トラブルが発生する可能性を元にhddの乗り換えをしていくことが大切になってきます。しかしPCに詳しくない方はこういった状態チェックをせずに利用している方も多いでしょう。突然認識出来ない状態が訪れてしまったらまず考えるべき点は保存していたデータの価値です。外付けhddを含めhddは消耗品と考えるべきでしょう。そのためいずれは買い換える必要がありますが、データはそのものに価値があります。大切なデータを外付けhddの故障と同時に失ってしまうのは耐え難いことです。日頃からバックアップをしていれば問題ありませんが、バックアップすらしていない時はまずデータ復旧を再優先に考えるべきでしょう。その後に外付けhdd認識について対応を考えます。

データ復旧を行うには専門業者に依頼するほうがよりスムーズに事が運びます。基本的にhddは非常に繊細でデリケートなものです。クリーンルームと呼ばれるホコリやゴミが一切無い空間でバラす必要があり、一般家庭にこういった環境を持っている方はほとんどいないでしょう。時折PCに詳しい方に復旧依頼をする方がいますが、もしも失敗した時の責任を求める事が出来ないのであれば止めるべきです。専門業者であればほぼ修復とデータ復旧を行うことができますし、もし修復や復旧ができなかった場合でも返金などで経済的負担を少なくすることもできます。